2018年01月07日 11時18分

成功しなかった店舗

ツイートする

当社はここ数年全国よりコインランドリー機械の買取強化をしてまいりました。そこで機械買取の際、
成功しなかった店舗オーナーとお話しをすることが多々あります。そこでいい勉強をさせていただきます。
まず、家賃が大きく売り上げの50%近くを占めていること。
そして、掃除が行き届いていないこと。(ご自分でできない場合、パートさんに依頼が基本ですが・・・)
そして1番残念なのは『このテナントをなぜ借りたの??』『自己物件なら遊休地利用はわかるがなぜわざわざ借りてまで・・・』
ということがあること。出店させた業者も業者ですが、オーナーももう少し勉強が必要だったと思います。

そしていい場所なのに投資金額を誤ったのか、新品と中古機の利用で操作方法がバラバラすぎて分かりずらい、
中古機を塗装もせずそのまま使用。操作説明パネルがない。といった感じで店構えが利用するお客様の立場になっていない店舗です。

最後にオーナーに問題がある場合、まず利用していただくお客様を『客』といい見下した感じの方。
自分のお店に来ていただいているのに『いらっしゃいませ、ありがとうございました』が言えない人。
オーナー自身が自分のお店で洗濯、乾燥をしない方。

といった感じですが当たり前の話ですが・・・

1. オーナー次第 

先月、オーナーチェンジで物件購入させて頂きました。店内は埃だらけ、機械のフィルターどころか、フィルター周辺が掃除機のゴミが溜まる所のように、綿ボコりが溜まっていたのにはびっくりしました。
店内の清掃、機械の清掃をしていると、お客様から「オーナー変わったの?」「洗乾機内のネットを交換して欲しい。」等々、ご要望を頂きました。
問題の有った既存店は、改善点はお客様が教えてくれるので、明確ですし、遣り甲斐も有ります。
売上も想定を既に越えており、お客様のお役にたててることを実感でき、うれしいです。

せんたくひつじ  2016年05月06日 07時48分

  • コメントを投稿する